上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
こないだ言ってたイングランド私掠協会、解散しました。
結成を声高く叫んでいた人は居辛くなったんでしょうね、フランスに亡命。

う~ん…、どうなんでしょねこれ?;




私掠協会の旗揚げ→解散までわずか1週間。
活動らしい活動を起こす時間もありゃしないよねぇ。
なんでこんなスピード解散になったんだろう、と調べてみたんだけど…。

事の顛末はこんな感じだったみたい。

・私掠協会結成をイングランド国民会議で宣言、黙認される
・その最中、イスパニア国籍の船がイングランド海賊に襲われる
・イスパニア側から私掠協会代表者に苦情が飛んだ(らしい)
・代表者の返答「謝罪と被害の補填、及び該当会員の処罰を行う」
・しかし、該当海賊からは「自分は協会員じゃない!」の声明が

ここまでで結構わけ分かんなくなったけど、さらに事は進んだらしい。

・その時期と前後して、フランス国籍の某有名海賊が私掠協会との敵対を表明
・それに呼応して、某商会がフランス海賊と連携を表明(懇意の仲だったらしい)
・そんな中、東地中海で治安維持艦隊と海賊連合が衝突、海賊側の勝利
・私掠協会代表者とフランス海賊の間で会談が行われ、その結果解散となる

…こんな感じ?
何ともはや、げに恐るべしは海賊達の底力と言うべきか。
と言うのも、私掠協会では無差別な海賊行為の制限をしてたらしいのね。
それが海賊には気に入らなかったのかなぁ…、まぁ詳しくは知る由もないけど。
どっちにせよ、協会が解散したと言う事実は確か。
特に影響も及ぼされなかったと言う事で、この件はお流れかな?w

ただ…、イングランドから亡命者続出らしいね。
これがこの先のイングランドにどう影響するか…、一応気に留めとこう。
スポンサーサイト
|12-05|大航海のヨタ話コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

プロフィール

ユールクース

Author:ユールクース
大航海時代オンラインはZephyrosサーバーでふ~らふら。
天下御免のお針子野郎ここに極まれり。
最近ナポリ近海でよく見かけるとか見かけないとか。

ナポリ木曜市協賛店舗

ユール縫製店/ワタクシことユール
お食事処ペギソハット/ペギソ
五香粉酒家/コリナ
フェルディナン海上運輸/逝けメン様


詳しくはこちらを参照のこと

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

まぁ色々とごっちゃりと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。