上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
はいどうも。
大丈夫、ユールさん引き際ちゃんとわきまえてるから。堺正章並にわきまえてるから。
あのときき~みは~ばかだ~った~♪



伝書鳩攻撃から更に数日が経過していた。
あの攻勢が効いたのか、その後僕は順調に順位を落とし、優勝争いから確実に離れる事が出来た。

「変に気負う事もなくなったし、さぁてこれで気楽に打てるね~♪」

鼻歌を歌いながら、青果店で詰めて貰った麻袋からプルーンを取り出し、齧る。
商館の秘書に頼まれた買い物だけど、それ以外にも自分の好きな物を買い漁っている。
通り突き当りのドミニコの店は、いつも新鮮な野菜や果物が店先に並べられていて、僕のお気に入りだ。
そうこうしているうちに商館の前まで辿り着いたのだが、そこには客人がいた。

「あれは…木曜市の常連のねむきちゃんか。」
「…ジー…」

そう、そこには木曜市によく顔を出すねむきがいた。だが、どうも様子がおかしい。
6番商館の脇に植えられている木に隠れるようにして、隣の5番商館の様子を窺っている。
声をかけたものかどうしたものか…。
そう考えていると、彼女は意を決したかのように頷いたあと、5番商館の中へと入っていった。
一人残された僕は頬を掻くばかり。

「…ま、いっか。」


「戻ったよ。」
「おかえりなさいませユールクース様。買い出しなんて頼んでしまって申し訳ありません。」
「別にいいよ。どうせ僕も買い物があったんだ、ついでついで!」
「ユールどんユールどん、ワシの頼んでおったバゲットはあったかい?」
「…。」

その言葉にこめかみをヒクつかせながら振り返る。
そこには小首を傾げたタント=カセーグが立っていた。
それだけじゃない、他にもカモメ騎士団の団員が何人も、思い思いに部屋の中でたむろしている。

「…いつからここはカモメ騎士団の駐屯所になったんだっけ?」
「ユールクース様、そのような物言いは…。」
「堅い事言うなよユールどん~! ワシとユールどんの仲ジャマイカ!」

プチーン。僕の中で何かがブッチリと切れる音がした。
いや、実際切れていたのかもしれない。カモメの団員も何の音かと周りを見渡している。

「へぇ…僕とタント堂の仲ねぇ…?」
「ユ、ユールどん? どうした怖い顔して…?」

その言葉に何の反応も示さず、僕はゆっくりとタント=カセーグに歩み寄っていく。
頭一つ僕のほうが小さいが、そのただならぬふいんき(何故か変換でry)に、彼は思わず後ずさっていく。

「その仲っていうのはアレかい? 毎晩毎晩朝まで麻雀を打って、そのままここに来て泥の様に眠る事かい?」
「ユールどん…ちょっと顔が近いな~って…。」
「それともアレかい? 午後遅くになって起きだしてきたかと思ったら、何をするでもなくただゴロゴロしてる事かい?」
「ユールどん…そう掴まれるとワシの服の襟が伸びて…!!」
それとも!! さも当然の如くウチでタダ飯を食らって、その挙句僕が足りなくなった食材を買い出しに行ったことかい!?」
「ゆゆゆゆーるどん!? その竹箒は何!?」
「知れた事…、大掃除だ!!」

言うが早いか、手に持った竹箒でそこら中を掃除しまくる。勿論色々な意味で。

「痛い痛い! その竹箒痛すぎる!!」
「柄に鉄芯仕込んでる!!!」
「 ま さ に ユ ー ル !」

ウチの商会長であるコリナが滞在を許可したらしいが…もう我慢の限界だ。
お前ら…お前ら…!


「居候ならもっと居候らしくしろォ~!!!!!」



ふっはっはっは…ト堂、悪かった(笑)
というわけで、今回出演してもらったのはねむきちゃんと、カモメ騎士団のタント堂でした。
ねむきちゃんがペギソハットに潜入したのがいつなのか分からないけど、まぁそれを目撃したという事で(笑)
あとト堂他はカモメのおキツネ様がウチに泊まらせてたので、ありがたくいただきました。
この流れだと、次あたりおキツネ様の出番かな?
口調把握してないのでちょと難しいれす><;
スポンサーサイト

|01-22|大航海のヨタ話コメント(3)TOP↑
この記事にコメント
ねむきちゃん可愛いwww
6番商館の中が、めっさ面白いことになってるしwwwww
From: リア * 2009/01/22 21:35 * URL * [Edit] *  top↑
まさかカモメ面子、本 当 に 泊 ま っ て い た と は ・ ・ ・ !

買出し乙じゃよ。食料品なら5番で買っていけばいいのに;;

というわけで、この原稿ももらっていくじゃよ!原稿料?新人作家の先生たちには一律じゃよ!
From: ペギソ * 2009/01/22 22:52 * URL * [Edit] *  top↑
ねむきさんが和むなあ(*´ω`)

いや、お泊まりされてる立場としてはやっぱりそうでしょうなあ(^_^;)

私のキャラですかぁ、とりあえず「コンコン」言わせておけばいいですよ(笑)
From: フォックス * 2009/01/23 09:22 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

プロフィール

ユールクース

Author:ユールクース
大航海時代オンラインはZephyrosサーバーでふ~らふら。
天下御免のお針子野郎ここに極まれり。
最近ナポリ近海でよく見かけるとか見かけないとか。

ナポリ木曜市協賛店舗

ユール縫製店/ワタクシことユール
お食事処ペギソハット/ペギソ
五香粉酒家/コリナ
フェルディナン海上運輸/逝けメン様


詳しくはこちらを参照のこと

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

まぁ色々とごっちゃりと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。