上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
はいどうも。
ネタ切れ感が否めないユールさんですよ。
思いつくからと調子に乗って書き過ぎたんですね、わかります。



「へぇ…修道院が火事ねぇ…。」

思わずそんな言葉が口をついで出た。


ナポリの気候はいつも概ね安定して晴れている。
暖かな日差しに乾いた空気、それからちょっとだけする潮の香り。
イタリア南部に位置するナポリ王国は、その気候のせいか陽気な人の多い事で知られる。
通りを行き交う人々は、暗い顔をしている者など一人もいない。
子供達は所狭しと走り回り、母親は仕事の邪魔をするなとそれを叱り飛ばす。
南をオスマンの脅威に晒されていても、それにめげる事無く日々を精一杯生きていた。

そんなナポリの中央に位置する広場の食堂には、テラス席が設けられている。
僕はそこで紅茶を飲みながら、隣のお喋りに耳を傾けていた。
何でも、ナポリ近郊に居を構えていたとある修道院が火事に遭い、そっくり焼け落ちてしまったそうだ。
どうも失火の疑いが濃いらしい。
幸い修道士たちは手遅れになる前に避難する事ができ、大事には至らなかったらしいが…。

「ま、逃げる場所があって結構な事じゃないか。海の上だと逃げ場なんてどこにもないし。」
「そーだな、火を消さん事には俺達全員焼け死にだ。マフィンもらうぜ。」
「あ! …あーぁ。」

言うが早いか、最後に一つ残しておいたマフィンは真刀の口の中へと消えていった。
じっくりと味わうかのように咀嚼する真刀を、僕は恨めしそうに睨みつけた。

「お早いお目覚めだね、まだ昼前だよ…。」
「おいおい、嫌味は止せよ。付き合ってる余裕はないぜ?」
「ん。昼は? 僕今から食べるけど。」
「悪いな、奢りとは。」

そう言って隣の椅子にどっかりと腰を掛ける。
そんな彼に苦笑しながら、僕は追加のピッツァと鯖のフリット、あとサラダとワインを頼むため腰を上げた。


「ふー、食った食った。」
「ちゃんとマルコの親父さんにお礼言っときなよ? 随分と大盛りにしてくれたんだから。」
「わぁかってるって。ありがとな!!」
「おうよ! 兄ちゃんはいつもたらふく食ってくれるからな、こっちも気持ちがいいってもんだ!」

そう言ってカラカラと笑うマルコの親父さんは、この食堂の名物シェフだ。
豪快極まりないその料理は、本人の豪胆さも相まってか男性に人気だ。
普段なら肉体労働に従事する男達が溢れかえるこの食堂なのだが…今日は女性客が多い。
そして、その女性陣は皆一様にある一点を覗き見ている…真刀を。

そう、彼は非常に外見に恵まれている。
すらっと伸びた足、整った容貌、付き過ぎずなさ過ぎない筋肉。
その気は一切ない僕から見ても、かっこいいとは思う。
おまけに性格も悪くなく(いいとは言わない、ちょっとくらい対抗させてくれ)、男女問わずその人気は高い。
だが、そんな彼は…

「麻雀はイマイチなのでした…。」
「今、何か言ったか?」
「イヤ何モ?」


結局、そのあとすぐ真刀は商館へと引き揚げ(まだ眠いらしい)、
僕はといえば、夕方頃までテラスで縫い物に興じていた。
時折通りがかる主婦から質問を受けては答えたり、荷運びの兄さんに繕い物を頼まれたりで、
思ったほど捗らなかったけど…たまにはそんな一日も悪くない。
手間賃として魚介や果物ももらったし、秘書に渡して食材にしてもらおう。
そんな事を思いながら商館へと歩みを進めて、暗い小路を通り抜けようとしたその時。
目の前に立つ影に足を止めた。

「誰だ…物盗りか?」

腰に差している1フィートほどの短刀に手をかけ、暗闇にそう問いかける。
(勘違いしてもらいたくないが、一般人との余計ないざこざを避けるために持っているんだ。
決して振るいたいから手をかけているわけじゃない。)
しかし、影は動く気配を見せない。
頬を冷や汗が伝う…。
相手の出方を窺っていると、不意に影が揺らぎ、その姿を消した。

「な…今のは…何だったんだ…?」
「う、うぅ…」
「!?」

ちょうど影が立っていた辺りからうめき声が聞こえる!
そちらへ駆け寄ると、そこには…!


「カモメ騎士団の…フォックスさん、しっかり!!」



今回登場していただいたのは、ウチからまかっちこと真刀、カモメ騎士団からJ・フォックスさんでした。
まかっちのほうは至極和やかな麻雀体験記なので和やかに、
カモメのおキツネ様のほうは見事に返り討ちに遭った所を拾ってみましたよ。
お二人とも麻雀大会に関連した小説を書いてるので、サイトに飛んで見てみよう!
ってここに来る連中は既に見てるわな(笑)
そんな麻雀大会の元ネタはこちらから
いよいよ大会も後半戦突入、にも拘らずまだ参加者が増えるのは何故なんだぜ?(笑)
スポンサーサイト

|01-23|大航海のヨタ話コメント(3)TOP↑
この記事にコメント
あ。修道院の火事が話題になってるw
拾ってくれてサンクスw
From: justinia * 2009/01/23 23:44 * URL * [Edit] *  top↑
おお、出演させて頂いてありです^^

なんの偶然かコッチにもユールさんがちょこっと出演してたりしてw
From: J.フォックス * 2009/01/24 00:08 * URL * [Edit] *  top↑
なんか、みんなの書くまかっちが、つまみ食いキャラになっているのは気のせいか・・・?w
意外と食い意地がはっているのねw愛されてるなぁ^^
やっぱ絡みがあると面白いなw
次回も期待しています!
From: リア * 2009/01/24 07:55 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

プロフィール

ユールクース

Author:ユールクース
大航海時代オンラインはZephyrosサーバーでふ~らふら。
天下御免のお針子野郎ここに極まれり。
最近ナポリ近海でよく見かけるとか見かけないとか。

ナポリ木曜市協賛店舗

ユール縫製店/ワタクシことユール
お食事処ペギソハット/ペギソ
五香粉酒家/コリナ
フェルディナン海上運輸/逝けメン様


詳しくはこちらを参照のこと

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

まぁ色々とごっちゃりと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。