上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
大海戦の季節がやってきました。
今回の舞台はどこかしら…?




今回の攻撃国はイングランド、攻撃先はポルトガル領ヤッファ。
小勢力諸国の連盟状況は、ネーデルランドがイングランドへ、フランスがポルトガルへそれぞれ連盟。
ヴェネツィアは静観となり、イングランド&ネーデルランド対ポルトガル&フランスとなった。
イスパニアは今回蚊帳の外。まぁこればっかりはしょうがないね。

さて、ヤッファといえば思い出すのはカイロ戦の事。
イングランド連合がファマガスタから出撃したのに対し、ポルトガル連合はヤッファに陣を敷いてそれを迎え撃った。
しかし、その戦況はどちらが攻撃国か分からないほどだった…らしいね。
ファマガスタ方面へ押し寄せるポルトガル連合軍、イングランド連合軍の劣勢は火を見るより明らかだったとか。
その結果、ポルトガル連合軍の大勝利、永きにわたるカイロの投資戦に終止符が打たれた…。



今回も布陣的には変わらないと思うし、前回と同じような結果になりそうな気がしないでもない。
でも前回と違って、戦力的には五分っぽいんだよね。お互い連盟1国同士だし。
こうなっちゃってくると、いよいよ艦隊個人個人の錬度が重視されてこない?
防衛戦においては鉄壁と言われるポルトガル軍を、イングランド軍がいかに切り崩すか…うーん、楽しそうじゃん!!
今回僕は静観となったけど、参加するみんなには是非とも楽しんでもらいたいね。

余談:今回は応援には行かないつもり。
…どうも、ヴェネツィアの一部の人間が何かしでかしたらしいじゃない?
その件で何か言われないとも限らないし、念のためにね。
僕としては個人>>>>>国だけど、他の人もそうだとは限らないし。
まぁ、それは人それぞれだとは思うけどね。
僕としては、「ユールクース」じゃ無く「ヴェネツィア人」と見られるのなんてまっぴらゴメン。
だから、僕は今回は逃げに徹するよ。争い事嫌いだし。
こんな事書くのってちょっとイヤだけど…僕のスタンスははっきりさせときたくて、ね。
以上、チラシの裏でした。
スポンサーサイト
|02-02|大航海のヨタ話コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

プロフィール

ユールクース

Author:ユールクース
大航海時代オンラインはZephyrosサーバーでふ~らふら。
天下御免のお針子野郎ここに極まれり。
最近ナポリ近海でよく見かけるとか見かけないとか。

ナポリ木曜市協賛店舗

ユール縫製店/ワタクシことユール
お食事処ペギソハット/ペギソ
五香粉酒家/コリナ
フェルディナン海上運輸/逝けメン様


詳しくはこちらを参照のこと

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

まぁ色々とごっちゃりと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。